LPガス

(1) LPガスとは?
  LPガスとは?  LPガスはクリーンエネルギー 
  都市ガスとの違い  LPガスは災害に強い!
  家庭用LPガスには、一酸化炭素(CO)は含まれていません    
(2) LPガスをご利用にあたっての注意事項
  ガス器具使用時の注意事項 もしもガスが漏れたら 
  点火、消化は目で確認  換気に注意してCO中毒を防ぐ 
  ガス栓はしっかりと  地震や火災が起きたら 
  ガス器具のお手入れ  こんなときガスが遮断されます
  こんな時は当社へご連絡ください。  ガスが遮断されたときの復帰方法
  換気をしてください 異常時の見分け方と処置
  小型湯沸器をお持ちのお客さまへ ガスストーブをお持ちのお客さまへ
(3) LPガス販売店を選ぶときの注意事項
  LPガス販売店は選べる?  安心・安全なLPガス販売店を選ぶ
(4) LPガス価格について
  LPガス(プロパンガス)料金について    

LPガスとは?
「LPG」「プロパンガス」と呼ばれてるLPガス、正式にはLiquefied(液化された)Petroleum (石油)Gas(ガス)という名称です。LPガスは、石油ガスに圧力をかけて、液化させた状態でLPガス容器(ボンベ)に入れてみなさんのご家庭に運ばれています。
戻る
都市ガスとの違い

・重さ
気化したLPガスは、空気の約1.5倍の重さがあります。空気より重いので、もれると低いところ、ものかげなどにたまります。LPガス自体は無色無臭ですが、もれた時わかるようにタマネギが腐ったようなニオイをつけています。都市ガスは、逆に空気より軽い気体です。

・熱量(カロリー)
LPガスの熱量は24,000Kcal/m3、都市ガスは11,000Kcal/m3とLPガスは都市ガスに比べて約2.18倍高く、発熱量はLPガスのほうが優れています。単純に計算すると、同じ量の水を沸かすのに、都市ガスは、LPガスの2.18倍時間が掛かることになります。しかし、実際には都市ガスのコンロのガス穴はLPガス用よりも大きめにしてあり、LPガスと同じくらいの熱量を放出できるようにしてあります。また、都市ガスの熱量を上げるため、原料にLPガスが利用されています。

戻る
家庭用LPガスには、一酸化炭素(CO)は含まれていません
都市ガス事故報道の一部で、都市ガス原料のLPガスに人体に有害な一酸化炭素(CO)が含まれているかのような表現がありました。LPガスはプロパン、ブタンなどを主成分とする炭化水素で(HC)で、一酸化炭素(CO)は含まれていません。また、その成分と品質は法律により規定されています。
戻る
LPガスはクリーンエネルギー

(財)日本エネルギー経済研究所の調査によると、石油等の採掘から消費に至る全体的な視点から見た場合、地球を汚すCO2の排出量は、都市ガス・石炭・石油・LPガスの化石燃料の中で、LPガス(プロパンガス)が一番少なく、一酸化硫黄(SO)、一酸化窒素(NO)の発生率も低い、クリーンなエネルギーであることがわかっています。また、人体への影響を見た場合、LPガスには有害な一酸化炭素(CO)が含まれていないため、万が一吸ってしまっても死亡することはありません。

<注意>だたしガスを使用中に換気不足で不完全燃焼を起こすとCOを発生します。換気は十分に行いましょう。

戻る
LPガスは災害に強い!
LPガスは、基本的に個別供給なので、災害が起きたときでも、それぞれの家庭で配管設備を修復するだけですみます。阪神大震災のとき、都市ガスが完全復旧に要した日数は85日間だったのに比べて、兵庫県内のLPガス消費家庭162,000戸では12日間で完全復旧しました。LPガスは、復旧が早く、災害に強いエネルギーとして見直されています。
戻る
〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.