毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

冬のお風呂はヒートショックにご注意を!

 めっきり寒くなってきましたね。
 こんな季節、お風呂タイムは至福の時間です。

 しかし、脱衣所や浴室が寒いまま熱いバスタブの湯に浸かってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるヒートショックを起こしてしまう可能性があります。
 ヒートショックとは、暖房の効いた部屋から寒い脱衣所・浴室に移動し、さらに熱い湯に浸かることで血圧が乱高下することで、心臓や血液の疾患が起こる現象をいいます。

 このヒートショックによって亡くなる人の数は交通事故の倍もいるといわれています。
 きちんと対策し、安心・安全なお風呂タイムを過ごしましょう。

 とくに心配なのはお年寄りや、高血圧、糖尿病の人、お酒を飲んだ後にお風呂に入る人、熱いお風呂が好きな人、長風呂が好きな人などです。

 ヒートショックは、とくに10度以上の温度差があるときに起こりやすいとされています。そのため、大事なのは寒暖差をなくすこと。以下のようなことにご注意ください。

・脱衣所用や浴室用の暖房を設置する。
・バスタブのお湯は38~40度に設定する。
・お湯をバスタブに貯めるときにシャワーを使う(浴室をあたためてくれます)
・床材を冷えないものに交換する、もしくはすのこやマットを敷く。
・かけ湯をしてから入浴する。 *心臓から遠い手足から行いましょう
・首まで浸からず、胸あたりまでにする。
・お湯から上がるときは、ゆっくりと。
・飲酒後の入浴は避ける。

 

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.