えぐちのワンポイント リフォームアドバイス!!

No.09 悪質業者の手口

 

 リフォームではよく、詐欺や悪質業者のことが話題となります。高額であること、発注者であるお客様側に専門知識がないことなどから、詐欺や悪質な商売をする業者が出てくるのです。

 

 リフォームの悪質業者には大きく分けて2通りあります。設計・施工力が低いため、結果として欠陥工事を生んでいるケースと、最初からだますつもりでリフォーム工事を持ちかけるケースです。悪意がなくでも欠陥工事をする業者は悪質業者ですし、最初からだますつもりの業者は詐欺です。

 

 詐欺的な悪質業者は「契約を急がせる」「工事代が安いと強調する」「工事内容(材料・仕様)をきちんと説明しない」といった共通の特徴があります。また、多くは突然訪問し、工事後は逃げてしまいます。その意味でも、地元で長く商売をしている業者は逃げることができないので、訪問販売業者よりも安心なのです。

 

 リフォーム工事はいったん契約しても、クーリング・オフ(無条件解約)ができます。クーリング・オフとは、購入者等の利益の保護を目的として設けられており、一定の期間内(訪問販売の場合で8日間)であれば、消費者は無条件に契約を解除できる制度です。泣き寝入りせず毅然と対応しましょう。

 

 悪質業者の手口としては、「無料で検査します」と言葉巧みに自宅に入り込み、耐震強度不足や床下の土台劣化、屋根材の腐食などを実際以上に強調し、リフォーム契約を迫る例が多数報告されています。悪質業者の工事では、「必要のない補強工事を行っている」「床下、屋根裏に、必要のない換気ファンを付けている」「床下に、必要のない調湿剤を敷いている」「市場価格に比べて高額な契約を交わしている」等の被害が目立っています

 

 

Back 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.