えぐちのワンポイント リフォームアドバイス!!

No.33 断熱を目的にしたリフォーム

 

 断熱リフォームには、構造部材間の空間に断熱材を詰める「内断熱」と、構造部材間の外側に断熱材を入れることで外側全体を覆う「外断熱」があります。

 内断熱は施工が簡単でコストも安く、多くの日本の住宅で使われてきましたが、温度差が出やすく結露になりやすいということがあります。

 一方、外断熱は手間がかかり、内断熱よりはコストも高くなります。しかし、建物の構造体が直射日光にさらされないため、劣化しにくく、耐久性も高まるという利点があります。断熱効果が高まることで、室内にも結露が発生しづらくなり、カビ・ダニの発生も抑えることができます。

 それと合わせ、窓を複層タイプにして高断熱化すれば、より少ないエネルギー消費で夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。

 断熱リフォームにはそれぞれの良さや相性があるため、きちんと相談のうえ、工事を進めることをおすすめします。



 

 

Back 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.