えぐちのワンポイント リフォームアドバイス!!

No.35 結露・カビ対策を目的にしたリフォーム 【どんな対策をするべき?】

 

 前回、前々回のお話で、「結露やカビは意外と怖い!」ということがおわかりいただけたでしょうか。

 対策として、湿気の多い空気を戸外に出す(換気)、室内の湿度を下げる(除湿)、水蒸気を出さない(燃焼・暖房器具)、湿気を滞留させない(家具の配置、押し入れへの詰め込み防止)などを講じる必要があります。

 結露の原因は温度差。これをなくすことが、結露をなくすことにつながります。しかし、そうは言っても、なかなか難しいところです。 日常の対策としては、とにかく換気・通気を習慣づけることが第一です。お風呂やキッチンなど、とくに水蒸気が発生しやすいところは換気・通気を心がけます。除湿器や除湿剤を設置したり、見つけたらこまめに拭き取ることも大切です。

 しかし、こうした結露・カビ対策は“いたちごっこ”であることも否めません。部分的な対応では、効果はいま一つですから、本格的には窓を含めた断熱リフォームの検討をおすすめします。



 

 

Back 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.