えぐちのワンポイント リフォームアドバイス!!

No.58 【ペットのためにしてあげられること その11】ドアに小ワザ!

 

 わんちゃんや猫ちゃんのためにしてあげられることは、何も大掛かりなリフォームを必要とするものばかりではありません。

 たとえば、ドア。わんちゃんや猫ちゃんの出入りを自由にしたいドアの場合、呼ばれるたびに開けてあげるのは手間ですし、かといって開けっ放しにするのは、断熱の意味でも冷暖房の無駄が出てきてしまいます。

 そんなときは、ドアにペット用のくぐり戸を設置してみてはいかがでしょうか。首や尾を挟まないよう柔らかい素材だったり、きちんと閉まるようにストッパーやマグネットがついているものもあります。半透明タイプなら、気配を感じることもできて安心です。 逆に、寝室など出入りの制限をしたい場合もあります。くぐり戸がなくても、少し大型のわんちゃんや、ジャンプする猫ちゃんがドアノブのレバーを下ろして入ってきてしまうことも。

 そんなときは、お部屋のドアノブをレバータイプのものから握り玉に変えてみてください。これなら勝手に開けることができないため、出入りの制限がしやすくなります。

 最近はおしゃれなドアノブも多いですから、選ぶのも楽しいですし、ちょっとした気分転換にもなりますよ。  


わんちゃんねこちゃん

 

 

Back 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.