毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

部屋全体が暖まる床暖房をオススメします

 新築した住宅から、ひと冬を越してよく聞かれるのが、「床暖房を入れておけば良かった」という声。「また工事しなければならないの?」と思われるかもしれません。
 でも、ご安心ください。床暖房は、既築でもカンタンに施工できます!  新築住宅の高気密・高断熱化が徹底してきた昨今、住宅会社から「メイン暖房に、石油、ガスは使わないでください」と念押しされるケースが増えています。24時間換気は行っているものの、不完全燃焼や結露を招かないため控えてほしいとアドバイスされるのです。また、能力面から見ても、暖房はエアコンで十分対応できるはず、であるからです。
 しかし、ひと冬を越してみて、上半身はのぼせるほど暑いのに、足元は冷たい。暖気を部屋全体に行き渡らせるファンの風も不快だ。また、部屋全体が乾燥しやすい。こうした不満の声がよく聞かれます。
 これに対し、床暖房は足元を中心に暖めます(伝導熱)。体を芯から暖める遠赤外線が壁や天井に反射して広がり(ふく射熱)、その結果自然な空気の流れができ(対流)、部屋全体が暖まります。また、風を起こさないので乾燥が避けられ、ノドを傷めたり、風邪を引いたりといったことも少なくなります。

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.