毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

コンロでお米を炊くご家庭が増えています

 ご飯は“おこげ”のできるかまど炊きが最高。それを再現するのがガス炊飯器ですが、東日本大震災のあと、節電もかねてガスコンロでご飯を炊くご家庭が増えています。
 ガスで炊いたご飯がおいしいのは、強火力の直火で炊き上げるから。ごはん一粒一粒がしっかり立ち、電気炊飯のものとは粘りと甘みが違います。それに、冷めてからもおいしいのです。

 ガスコンロで炊くには、失敗なくカンタンにできる「炊飯モード」のあるタイプがお勧め。コンロに点火したあと、火力調節つまみを「炊飯」に合わせ、炊飯スイッチを押し、「ごはん」か「おかゆ」を選びます。
 あとは、火力や時間をコンロが自動的に調整し、炊けたらお知らせします。火は自動的に消えます。10分程度蒸らせば出来上がりです。

 使用するお鍋は、さまざまな素材、形状、大きさのものが販売されています。それぞれに特徴がありますが、まずはコンロメーカーのお勧め品(別売り)が無難です。
 一般的には、アルミ製の厚手のものや、ステンレス、ホーロー製、また土鍋もOK。鍋ふちが高いと、吹きこぼれが少なくてすみます。フタは蒸気口のついた重みのあるものがお勧めです。
 無洗米は、ちょっとコツが必要。1~2度すすいで、夏なら30分以上、冬なら60分以上、水に浸します。水の量は米1カップにつき大さじ1~2杯ほど多めにします(無洗米専用の計量カップもあります)。そして、よくかき混ぜ、水面の気泡をとばします。

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.