毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

安全に入れ、ゆったりくつろげるバスタイムを

 浴室まわりのリフォームをプランニングするときのポイントは、お風呂に安全に入れ、くつろげるよう、浴室や扉を広げること。また、出入り口の段差を解消すること、滑らない、あるいは柔らかい床にすること、手すりをつけることなどです。
 浴室スペースは、介護する方のことも考え、1.5坪タイプに広げたいもの。また、倒れたときに助け出せるよう、扉は折れ戸か3枚引き戸にします。
 高齢者にとって、浴槽への出入りは大きな負担です。浴槽はまたぎやすく、底がノンスリップタイプのものにします。また、高齢者それぞれに不自由な部位や程度が違いますので、手すりの位置と形状は、本人にその場で確認しながらつけるようにします。

 温度差で起きるヒートショックは、浴室と脱衣所に暖房を入れることで回避できます。浴室には洗濯物が乾かせ、カビ発生も防げる浴室乾燥暖房機はいかがでしょう。また、脱衣所にはすぐ暖まる専用の暖房機(温水暖房)やファンヒーターが最適と言えます。

 設備選びの際は、ショールームで見て・触って・体験していただくのが、一番の早道です。私たちにご相談いただければご案内しますので、お気軽にお声がけください。

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.