毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

警報器の役割って?

 電気・ガス・石油機器は、事故や火災を防ぐいろいろな安全・安心機能を備えています。でも万が一、それらが機能しなかったときは……!? その備えが、警報器の設置です。

 警報器は火災、ガス漏れ、CO(一酸化炭素)の発生を、どうキャッチして知らせるのでしょうか。

 火災を知らせる「住宅用火災警報器」は、逃げ遅れによる焼死を防ぐために、既築を含むすべての住宅に設置が義務づけられています。

 寝室や階段、廊下には「煙検知式」、台所には「熱検知式」を設置します。煙検知式は、光の乱反射や放射線の電離作用から煙の発生をキャッチします。設置場所は天井で、電源にはAC100Vと電池の2通りがあります。

 次回は「ガス警報器」と「CО警報器」についてご紹介します。

 

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.