毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

床暖房は既存住宅でもカンタン施工

 「床暖房は新築時に施工するものだから、既存住宅は無理でしょ?」……そう思っていませんか? 確かに、ひと昔前までは、手間がかかるし、その分施工費も割高になるので、そう見られてきました。でも最近は、製品開発や施工技術の進歩で、大差なく設置できるようになってきています。

 逆に言えば、さまざまなタイプが登場してきているので、検討するときは暖房場所・面積、エネルギー、熱源機・暖房方式、そして本体・ランニング・メンテなどのコストをきちんとチェックすることが大切です。

 さて、既存住宅でも設置可能とは言っても、我が家に最適なタイプを選ぶのは、そう簡単ではありません。
 そこで、えぐちにお声がけいただければ、それぞれのメリット・デメリットなどを理解したうえでお選びいただけるよう、ご説明させていただきます!

★ガスの強みは、立ち上がりの良さとパワー。熱源機には、コスト面から高効率ガス給湯器の「エコジョーズ」がおすすめです。
★電気ヒートポンプとエコジョーズとの「ハイブリッド給湯」なら、当初費用はやや割高でも、ランニングコストを抑えられます。
★電気の場合は「エコキュート」が増えていますが、暖房面積や使用時間の制約があります。

 

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.