毎日の暮らしにワンポイントアドバイス

空き巣の嫌がる住まいにしよう

 侵入犯罪で最も多いのが空き巣。
 空き巣による犯罪は年々減少しているものの、それでも全国で年間5万件以上も発生しています。

 防犯については、基本的に侵入者が手間取るための対策と、不審がられる対策を講じることが重要です。
 つまり、いかに“空き巣が嫌がる住まいにするか”がとても大切なのです。

 空き巣は、「5分以上侵入できなければ7割以上が諦める」と言われています。
 そのため、手間取らせるには玄関をICカードキーやシャッター付キーに変更するなど、ピッキングされづらくします。
 ドアごと変更して堅牢にすることも有効です。
 窓サッシは防犯ガラス(複層タイプ)や、堅牢な面格子をつけます。
 家の周りは高い塀や樹木をなくして見やすくし、中はカーテンやブラインドで見づらくするなど、侵入者が「ここはやめておこう」と思わせる工夫が大事なのです。

 ドアや窓の前に砂利をしき、踏んだら音が鳴るようにするのも有効です。

 

 

< 毎日の暮らしにワンポイントアドバイス 一覧に戻る

 

 

 

〒335-0035 埼玉県戸田市笹目南町20番25号 TEL : 048-421-3665
Copyright(C) eguchi Co.Ltd. All Rights Reserved.